みる!しる!かわる!関ケ原 -関ケ原古戦場グランドデザイン公式サイト-

関ケ原武将シリーズ第四弾~島津義弘~を開催しました

県と関ケ原町では、平成28年度から関ケ原合戦を代表する武将にスポットを当てたシリーズイベントを展開しております。
このたび、第四弾として「島津義弘」をテーマとしたイベントを10月14・15日に開催し、約3万人にお越しいただきました。

14日に行われたオープニングでは、岐阜県と鹿児島県の華道家による「戦国花いけ演武」が行われ、2日間のイベントが幕開けしました。また、オープニング終了後、陣場野公園(徳川家康最後陣地)から烏頭坂(島津豊久碑)をめぐる「島津の退き口ウォーキング」を開催しました。

OPサイズ変更.jpg(オープニングの様子「戦国花いけ演武」)
のきぐち圧縮IMG_6992.jpg(島津の退き口ウォーキング)

15日には、巨大な将棋盤を舞台に東軍大将の佐藤天彦名人と西軍大将の山崎隆之八段の采配による現代版関ケ原の合戦「『天下分け目の関ケ原』東西人間将棋」を開催しました。結果は、史実通り、東軍の佐藤名人が勝利しました。その後、プロ棋士7名と県民100名が対局する「百面指し」が行われました。

圧縮:人間将棋PA150155.jpg(『天下分け目の関ケ原』東西人間将棋)
圧縮百面差しDSCN5201.jpg(百面指し)

そのほか、「りゅうおうのおしごと!」トークショーや、せきがはら史跡ガイドとめぐる「島津義弘ゆかりの史跡ウォーキング」、東西グルメ味の共演など、様々な催しを開催し、多くの人でにぎわいました。

島津義弘ウォーキング.JPG(島津義弘ゆかりの史跡ウォーキング)
東西グルメ3PA150437.jpg(東西グルメ味の共演)