みる!しる!かわる!関ケ原 -関ケ原古戦場グランドデザイン公式サイト-

「史跡関ケ原古戦場保存管理計画」(平成21年度)

この計画は、関ケ原町および関ケ原町教育委員会により、平成19年度に策定された「関ケ原古戦場保存活用のための基本構想」をもとに策定されました。

1.基本理念

体感・追想 関ケ原 ~古戦場の歴史・ドラマと出会える場~

2.基本方針

  • 古戦場の歴史の体感

    陣跡相互の位置関係の把握、眺望の確保、合戦に関わる遺構・遺物・石碑等の保存保全

  • 古戦場ドラマを伝えるための取り組み

    合戦の経過、さまざまな人間ドラマ、その後の歴史などを適切に伝える取組

  • 古戦場空間の保存

    古戦場空間の眺望の阻害要因を取り除く

  • 関ケ原古戦場の魅力の発信

    文献・発掘などの調査、シンポジウムや各種イベントの企画

3.保存管理活用方針(今後10年間の整備活用目標)

  • 関ケ原らしさを感じる雰囲気づくり

    駅前整備、町内の主要スポットに幟等

  • 眺望点の整備

    岡山烽火場、石田三成陣地など全体を一望できる場所は樹木の枝払いなどを行う。

  • 陣跡を廻る回遊ルートの整備

  • ガイドの整備

  • イベントの充実・活性化

  • 調査・研究の推進

  • 公有地化

4.今後の検討課題

  • 史跡関ケ原古戦場を主軸とした景観形成の検討

  • 関連文化財の保存と活用

  • 新たな顕彰碑およびモニュメント等の取り扱い

  • 保存整備活用のための資金

  • 開戦地の耕作放棄地・休耕地の管理活用

  • 徳川家康最初陣地における地形復元

  • 保存管理計画の見直し(社会情勢の変化等に応じて)