みる!しる!かわる!関ケ原 -関ケ原古戦場グランドデザイン公式サイト-

小早川秀秋コース

西軍か、それとも徳川家康に寝返るか。小早川秀秋が悩み、決断した松尾山を登頂します。
高低差約190mで最も体力が必要なコースです。

map_kobayakawa.png

▲ 画像をクリックするとPDFが開きます。

関連史跡

  • 2017:05:16:08:53:37

    福島正則陣跡(関ケ原町)

    豊臣恩顧でありながら、石田三成と対立関係にあったため東軍...

  • 2017:05:16:09:01:11

    小早川秀秋陣跡(関ケ原町)

    標高293メートルの関ケ原の主戦場を一望できる場所に布陣...

  • 2017:05:16:11:45:51

    脇坂安治陣跡(関ケ原町)

    賤ヶ岳七本槍の1人。合戦前から東軍・藤堂高虎と内応してい...

  • 2017:05:16:14:07:26

    開戦地(関ケ原町)

    西軍は笹尾山に石田三成、松尾山に小早川秀秋という鶴翼の陣...

  • 2017:05:16:11:49:05

    徳川家康最後陣地(関ケ原町)

    徳川家康は午前11時ごろ、戦況が把握できないため、笹尾山...

  • 2017:05:16:13:02:54

    東首塚(関ケ原町)

    戦いの翌日、勝者となった徳川家康は、戦いで破壊された神社...