「関ケ原ナイト2018」を開催しました

 県と関ケ原町は、7月21日(土)~27日(金)の7日間、関ケ原古戦場の魅力づくりの一環として、昼間とは趣の異なる夜の古戦場をお楽しみいただくイベント「関ケ原ナイト2018」を開催しました。

 21日(土)に行われた「野外朗読音楽絵巻『夏の夜の関ケ原』~兵どもが夢の跡~」では、女優の竹下景子さんが戦いに臨む武将の心情を朗読し、声楽家の城宏憲さんによる詠唱、各陣跡から上がるサーチライト、プロジェクションマッピング等による演出が舞台を盛り上げました。

 クライマックスでは、桃配山、決戦地、開戦地の各方面から鎮魂の花火が打ち上がり、来場した2,000人の皆様に、一夜限りの野外劇をお楽しみいただきました。

 

竹下景子さんの朗読 写真                           竹下景子さんの朗読
じょう ひろのりさんの詠唱 写真城宏憲さんの詠唱
ばぼうさく へのプロジェクションマッピング 写真馬防柵へのプロジェクションマッピング
鎮魂の花火 写真鎮魂の花火
 また、イベント期間中は、笹尾山の散策ルートを光で装飾した「笹尾山ナイトウォーキング」を開催し、連日多くの皆様にお越しいただきました。
 
笹尾山のライトアップ 写真笹尾山のライトアップ
提灯で照らされた散策ルート 写真提灯で照らされた散策ルート
山頂の景色(21日) 写真山頂の景色(21日)
参加者には武将ポストカードを贈呈 写真参加者には武将ポストカードを贈呈
 この他、夜だけでなく昼間もお楽しみいただけるイベントとして、「クラフト体験教室」を開催しました。マイ刀作りや、エプロン甲冑作り等、関ケ原ならではの様々なメニューをご用意し、小さなお子様から年配の方まで、多くの方に体験いただきました。
 
提灯つくり体験 写真提灯つくり体験
完成したマイ刀と提灯 写真完成したマイ刀と提灯