関ケ原春の武将イベント~小早川秀秋の決断~を開催しました

 県と関ケ原町では、春と秋の年2回、関ケ原の戦いをテーマとしたイベントを開催しています。
 このたび、5月25日(土)、26日(日)の2日間、関ケ原町笹尾山グラウンド及び関ケ原古戦場一帯で、関ケ原春の武将イベント~小早川秀秋の決断~を開催し、約1万7千人の方々にお越しいただきました。

 25日(土)に行われたオープニングでは、「小早川秀秋の決断」を描いた寸劇や、小早川家当主小早川隆治さんと大谷家当主大谷裕通さんらによる勝鬨などを行い、2日間のイベントが幕開けしました。

01 寸劇.JPG

寸劇「小早川秀秋の決断」

02 勝鬨v2.jpg

出演者一同の勝鬨


オープニング後には、女優の髙橋ひかるさんや歴女の皆さんによる、小早川秀秋をはじめとする戦国武将などをテーマとしたトークショーや、全国の武将隊・コスプレイヤーがステージパフォーマンスを行う戦国甲冑コスプレコレクションを開催し、大いに盛り上がりました。

03 歴女トークショーv2.jpg

髙橋ひかるさんも登場!歴女トーク

04 甲冑ショーv2.jpg

武将隊によるステージパフォーマンス


また、プロ棋士が巨大な将棋盤を舞台に駒武者を率いて戦う、「天下分け目の関ケ原 東西人間将棋」を開催しました。女流棋士対局では、和田あき女流初段(東軍)と石本さくら女流初段(西軍)による対局を、棋士対局では、広瀬章人竜王(東軍)と久保利明九段(西軍)による対局を行い、どちらも西軍が勝利を収めました。

05 人間将棋.JPG

東西人間将棋

06 広瀬竜王.JPG

小早川秀秋の陣羽織を纏った広瀬竜王


26日(日)には、東西対抗のレク合戦を行い、陣取り合戦や大玉ころがしなど子どもから大人まで仲良くレクリエーションを楽しみました。また、武将隊による演武・甲冑劇や、ミナモによるステージショーなどが行われました。

07 レク合戦v2.jpg

東西レク合戦

08 ミナモショーv2.jpg

ミナモショー


25日(土)、26日(日)の両日行われたのは、「麺」と「肉」をキーワードに東日本と西日本の有名店が味の自慢対決を行う、東西グルメ対決です。ラーメン、焼きそば、うどん、牛肉、鶏肉の行列店が、自慢の一品を持ち寄り、関ケ原に集結しました。来場者の方々には東西の良かった方に投票をしていただき、この対決でも、人間将棋に続き西軍が勝利しました。

09 グルメ会場.jpg

東西グルメ対決ブース

10 グルメ表彰式v2.jpg

東西グルメ対決表彰式


そのほか、棋士・女流棋士とともに小早川秀秋の決断の舞台となった松尾山などを巡る古戦場ツアーや、詰将棋やクイズを解きながら小早川秀秋の陣跡など古戦場を巡るラリー、甲冑着付け体験、東西文化味の競演などを開催し、多くの人で賑わいました。

11 古戦場ツアー.JPG

棋士と巡る古戦場ツアー

12 味の競演v2.jpg

カレーの具材に着目した東西文化味の競演